タイはエラワンとバンコットガス田を3月にオークション出展

タイは3月のセミナーで、今年3月に条件が承認された後に2つのガス田をオークションにかける見込みだとSiri Jirapongphanエネルギー副大臣が発表しました。

エネルギー省と鉱物燃料局は、2月末までにオークションの条件を確定しガス田が入札される前の3月に承認する為、内閣に送付すると、大臣は述べました。

「条件の1つとして、入札者が1日に少なくとも15億立方フィートの両方の分野で合計生産水準を維持しなければならず、選考プロセスには5〜6ヶ月かかる見込みだ。」とSiri大臣は付け加えました。

現在政府のデータによると、1日に合計21億立方フィートの生産が行われています。

国有のPTTEPがボンゴットフィールド2022年と2023年に期限切れになるライセンスの下で運営する間、Chevron社はエラワンフィールドを運営します。

先月、ロイヤル・ダッチ・シェルは、ボンコット鉱区の22%の株式をPTTEPに7億5,000万ドルで売却しました。 またPTTEPは、両方の分野のオークションに参加するとも言及しました。

オークションは昨年12月に予定されていましたが、遅れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です