タイは外国人労働者に25日間休暇を与える

タイのミャンマー大使館関係者と移住権団体によると、タイは外国人移民労働者に25日間の休暇を与え、ソンクランフェスティバル(ミャンマーのシンギャン)を祝う為に家に帰るのに十分な時間を与えることにしたと発表した。

「私たちの移住者は、ティンヤンに帰国すれば工場から休暇を取る必要があります。 」と水曜日、ミャンマー大使館関係者はミャンマー・タイムズにに語りました。

移民権グループ援助協調委員会(AAC)は、ミャンマーの労働者がタイ移民局からの帰国の許可を必要としないと述べました。 彼らは、それらのスタンプが押された書類を持っていなくても逮捕されることなく家に帰ることができます。

以前、労働者はスタンプを押された書類が必要でした。 「今年は、スタンプは必要ないので、何も支払う必要はありません。」とAACメンバーのKo Ye Min氏は言いました。

以前に帰国した労働者は、1000バーツ(US $ 32 / K42,800)から1500バーツまでの切手を手に入れなければなりませんでした。

タイ政府の発表によると、内閣は、ミャンマーのシンギャンとして知られているソンクラーンフェスティバルの外国人労働者の為に、タイの労働省に25日間の休暇を要求したとのことです。

政府は4月5日から30日までソンクランに帰国する為、外国人労働者に25日間を与えました。しかしこの発表によれば、全ての移住労働者は4月末までにタイに戻らなければならないとのことです。

移民運動家と労働者は、ミャンマーの労働者が合法化プロセスに多額の資金を費やして王国で暮らして働くことができたため、今年は帰国しようとしないと語りました。これには、身分証明書(CI)、ビザ、就労許可、その他の要件の支払いが含まれます。

現時点では、数百人のミャンマー出稼ぎ労働者が、土曜日に近づく最終納期の為に、タイの混雑した移民労働サービスセンターに拘束されています。

ミャンマーの大使館関係者は、「ピンクのカードを持っているミャンマーの出稼ぎ労働者(タイで発行された一時的な生活と労働許可証)は、ピンクのカードが2017年11月に失効しても、タイは期限を延長しない為、土曜日の前にCIを申請しなければならない」と警告しました。

CIを待っている間、ミャンマーの何百人もの従業員がバンコクの移民サービスセンターの中または近くで寝ています。
タイで暮らして働いているミャンマー移住者は400万人と推定されており、雇用機会が不足している為、毎月1万人以上のミャンマー出稼ぎ労働者が家族を支援するために毎月タイに移住しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です