タイ バンコクに住むためのクイックガイド

タイは東南アジアの多くの近隣諸国よりも手頃な価格で生活できます。タイと同じ生活を送ろうとすると香港やシンガポールではより高い賃金が必要なのです。タイの新興企業は増加しており、雇用者は自宅で高給を命じる西洋人を雇うことは気にしませんが、しばしば高額の生活(と非常に高い水準)に比べて賃金カットを余儀なくされます。

バンコクは活気のある街です。 タイの人口のほぼ半分が大都市に暮らしており、都市は忙しく、常に混んでいます。

緊急サービス:警察191; 観光警察1155; 救急車1554; 火災199
言語:タイ語、観光地では多くが英語を話します
通貨:タイバーツ(฿は100 サタンに細分されています)

住むところ
バンコクは50区に分かれています(「ケット」と呼ばれています)。 あなたが仕事をしている大都市と同様に、子供がいれば、学校に行く場所は、バンコクで住む場所を探す時には初めに考えることです。 バンコクにいる多くの外国人は、BTSの鉄道駅や地下鉄MTRの徒歩圏内に住みたいと考えています。エッカマイ、トンロー、シーロム、サトーン、オンナットなどスクンビットロード内の地域も人気があります。 家族と一緒に来るという外国人は、しばしばバンナまたはバンカピを南と東にそれぞれ選ぶこともあります。

タイの不動産や土地を所有する外国人には制限があり、市場の動きはすばやく、全ての不動産の広告が出る訳ではないので、不動産会社を通して賃貸するのが良いでしょう。。あなたの友人や同僚からオススメを聞いてみた下さい。

学校
タイの教育制度は比較的良好で、特に首都圏以外の貧しい農村部で、政府は識字率を確保する為の進歩的な政策を導入している。 しかし、授業はもちろんタイ語しか使われません。クラスのサイズはしばしば大きく、ほとんどの外国人が典型的に優れた基準を持つインターナショナルスクールへ子供を送ります。 バンコクのインターナショナルスクールには、バンコクパタナ、リージェント、バンコクのアメリカンスクール、バンコクのシュルーズベリーインターナショナルスクール、バンコクのニューインターナショナルスクールなどがあり、それぞれに同等の基準があります。

交通の便
近年、バンコクでは人口が急速に増加しており、スカイトレインと地下鉄などの良い選択肢があるにもかかわらず、インフラストラクチャーがやや不足してます。いくつかの地域ではボートサービスもあり、それはあまり混み合っていませんが、悲しいことにこれら全ての公共交通サービスの市内全体での利用料は安くなく、バスネットワークのようにはるかに遅いです。

メータータクシーは渋滞する可能性がありますが、法律で規制されています。 乗車時にメーターがオンになっていることを確認してください。短時間移動の別のオプションとしてはバイクタクシーがあります。渋滞を回避できるので目的地には早く到着できますが、これらは必ずしも最も安全な選択肢ではありませんので、提供されるヘルメットを必ず着用してください。ユビキタストゥクトゥクはもう一つの選択肢ですが、最初に言われる価格を受け入れないように注意してください。乗車前に一度、あなたが満足する価格を交渉すれば、あなたが目的地に到達した時に変更されることはありません。

タイの道路はよく整備されています。運転基準は、あなたが慣れていた道路状況よりも不安定かもしれませんが、あなたが訪れた他の国ほどひどくはありません。看板のほとんどはタイ語と英語の両方です。国際運転免許証は限られた期間のみ有効ですので、タイで運転したい場合は、陸上交通局からタイの免許を取得することをお勧めします。また、安全運転の授業、色盲試験、書面で実践的な試験にも参加する必要があります。包括的な保険契約は必須です。

ビザの取得
就労許可を取得する前に、海外から申請しなければならない非移民ビザが必要であり、タイの雇用主からの大量の書類が必要となる可能性があります。書類作成は広範囲で非常に混乱してしまう可能性がある為、ビザ取得の際は移民弁護士や新会社の人事部に相談してください。ビザを取得したら、引き続き納税者番号(TIN)とビザの延長が必要です。二重課税を避ける為には、税理士の助けが必要です。

友達を作ること
タイ国民の友人を作るには、いくつかの問題を提起しなければなりません。タイの人々は主によく歓迎してくれますし、礼儀正しいです。地域社会の感覚と国家の誇り(タイを批判しないでください。バンコクの悲惨な交通渋滞については良いですが、王室、特に国王についての批判やジョークを決してしないでください)。あなたができる最善のことは、ただリラックスして、礼儀正しく、参加し、あなたのやり方で押し付けないことです。まず文化を理解しましょう。あなたがやっていることを止めて立ち止まり、国歌を歌ってみてください。最後に、タイでは急ぎ何かしてもらえるということは期待しないでくださいーマイ・ペン・ライの言葉引用。

健康管理
タイでのプライベートヘルスケアは、ヘルスケア観光の目的地としての地位を築いた大きなスタンダードです。バンコクの病院は素晴らしく、都市外の病院よりも高価かもしれませんが、価格面では米国のような国とは比べ物になりません。 外国人の健康保険は、長期入院や緊急事態が発生した場合には、本国帰還に繋がる可能性があります。

食事
バンコクでは、特定のアメリカンファーストフード店を見つけるのはとても簡単です。ファストフードが必要な場合は、お腹を空かせることはないでしょう。西洋料理は比較的高価で、簡単に見つけることができ、バンコクでは多くの国際的な食事の選択肢があります。タイ料理は暑さと湿度にとても良く合います。屋台のタイ料理はメニューが多い為迷ってしまうかもしれませんが、どれも新鮮な傾向にあり、自炊するのと同じくらい安いことがよくあります。また水道水は飲むべきではありませんが、ボトル入りの水があり安くて種類も豊富ですので、特に問題ないでしょう。

彼らは、バンコクはあなたが支払った金額に見合った料理が提供される世界で唯一の都市だと言われています! ソムタム(スパイシーパパイヤサラダ)、ラーブムー(スパイシー豚挽き肉)、トムヤムクン(スパイシー海鮮スープ)、もちろんパッタイ(タイ風焼きそば)もお試しください。また、屋台で数々の麺料理/炒め物も試してみてください。

飲酒
バンコクでの飲酒はしばしば西洋よりも安くはなく、輸入ビール、ワイン、スピリッツは高価ですが、タイのカウンターパートは比較的安いです。タイのビールは約6%で、西洋のビールよりも強いです。

ほとんどの外国人と観光客が飲んで交流する主要エリアは、ソイ1からソイ33までのスクンビット通り、そしてシーロムのパッポンエリアにあります。あなたは地元の人々がソイ101もし現地の人たちと飲みたい場合はスクンビットからソイ101沿いにある飲ビアガーデンに行ってみると良いでしょう。

若い外国人は、ロイヤルシティアベニュー(RCA)やカオサンロード地区にあるディスコ、バーなども人気です。

安全と犯罪
バンコクは現代的で都会的な都市なので、タイはまだ発展途上国であることを忘れてしまいます。バンコクは安全だと感じていますが、夜遅くなるとストリート犯罪などが発生することもあるので、都心部は比較的大丈夫ですが用心しましょう。また、地元の人たちと口論にならないようにしてください。たとえあなたが正しいと感じても、笑顔で謝り、その場を離れましょう。

タイの警察の評判は、一般的には良好ですが、欧米人よりもタイをひいきする傾向にありますので、必要がない限りかかわらないことをお勧めします。警察は良い賃金を得ておらず、システムも不足していることを忘れないでください。

言語
バンコクに移る前にいくつかのタイ語のフレーズを学ぶのは良い考えですが、ほとんどの場合は英語だけでも大丈夫です。何も話せないよりは友達を作るのにも役立つでしょう。タイ語は調律的言語であり、異なるスクリプトで学ぶのは難しいので、いくつかの大切なフレーズだけで通じるかもしれませんが、タイ語を流暢に、あるいはうまく話したい場合は学校に行く必要があります。

<タイ語が学べる学校・スクール>
タイで一番有名なタイ語学校 TLS(タイランゲージステーション)
エカマイ駅から徒歩すぐの日本人に人気なひまわりタイ語学校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です