メコン川では、水力発電に好影響を与えるか(1)

カンボジアのストゥントレン – カンボジア北部の国境の近くにあるメコン地域では、人々は水力発電に関する全てを話せます。 このダムのせいで過去数年間、魚の捕獲が着実に減少しています。 このダムのせいで多くの若い男性が迷惑な合法性の伐採作業をしなければならなくなったのです。 ダムは開発を意味するかもしれません。一部の地元の人々は受け入れていますが、彼らはそれが彼らのためではないと言っています。

多くの選挙運動家や活動家の最善の努力にもかかわらず、主要な水力発電プロジェクトはメコン地域の開発計画の礎石となってきました。 しかし、大規模なダムの潜在的な経済的及び環境的コストの可能性について新しいデータが出現するにつれて、この地域の国々はダムプロジェクトの大きな好景気の中でも、オプションを再考する兆候を見せ始めています。

「このような農村部の人々の主な食糧は魚です。 彼らは水力発電のダムを建てることは、私たちを殺すことを意味している」と、メコン川に囲まれた涙目の形をした漁師と農家の人々が住む島であるコ・プレア村で生活する5歳児の父親は言っています 。

「開発は富裕層の為の手段です。 貧しい人々は、その発展の恩恵を受けていないので、依然として貧しい人々です。 それでは誰の為にその発展があるのでしょうか?」とThit Poeung氏は疑問を呈した。

水力発電プロジェクトでは、しばしば政府や企業の個人が利益の大部分を経験していますが、漁業の減少、水の供給や質の変化、移住によって失われるのは地元住民です。

カンボジアのこの地域に住む人々は、水力発電に囲まれている為、水力について知る傾向にあります。50キロ圏内のどの方向に進んだとしても、これから工事予定のダムや、現在工事中のダム、または完成した水力発電プロジェクトにぶつかります。メコン川の北側には、ラオス国境のちょうど上に位置するドン・サホング・ダム(260メガワット・プロジェクト)があり、2016年1月に近隣の政府からの激しい抗議にもかかわらず地面を壊し始めました。途中で提案されたStung Trengダムがありますが、そのほとんどは知られていません。その川のもっと下流に行くとダム計画があるサンボアダムが現れ、まだ研究中ですが3300メガワットほどの大きさになることが予定されています。北東部では、セザン川と呼ばれる主要なメコン川流域に、カンボジアの最新のダム、400メガワットのLower Sesan 2があり、去年9月に稼働しました。

ここのダムは、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムを含む下位のメコン川流域で計画されているものの一部に過ぎません。 11箇所のダムが計画されていますが、川の幹線道路は建設中であり、数十はセザンのような支流に建設される予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です