メコン川では、水力発電に好影響を与えるか(4)

バンコクに拠点を置くメコン地域先物研究所のマネージングディレクター、アレックス・スマグル氏は、MRC評議会報告書の影響評価のいくつかを実施しました。

「水力発電はメコンにとって無関係になる寸前。」と彼は予測しました。 Wood氏と同様に、Smajgl氏は、太陽光やその他の代替エネルギー源の急激な値下がりが、メコン川流域の低エネルギー化が近づいていかないかを見極めることにつながると考えています。

「昨年はセクター全体の転換点だった。経済的見地から、水力発電を推進している人もいるかもしれないが、今後数年間で投資家は興味を持たないだろう」と彼は語りました。

また、「開発と経済成長は激しくなっている」と、ANU クロウフォード大学院公共政策研究科の准教授であるIda Kubiszewski氏は述べています。また、生態系サービス研究の共著者の1人は述べています。

水力発電プロジェクトでは、多くの場合、政府や企業の個人が利益の大部分を経験しているのに対し、漁業の減少によって失われる地方の人口は多くの場合、それは利益と恩恵をもたらすだけでなく、給水や水質の変化、移転などの問題を抱えている」とKubiszewski氏は説明しています。

地面への影響
川に住む人々は、毎日目の前で何が見えるかを確認する為に、こうした研究がほとんど必要ないと言います。またこのタイプの開発はコストが掛かります。

37歳のCheam So Phat氏は、プリア・コーの男性の1人で、生き残る為に移住しなければならなかったのです。 Pha氏と彼の弟は、タイで数年間、違法工場やプランテーションの労働者として働いてきました。 仕事は生き残るために十分な金額ですが、貯金はできず、それにもかかわらず仕事は家庭の村で期待できる以上のものです。

ここで生き残ることは難しいとPhat氏は述べています。 「私たちは森林を失い、河川資源を失ってしまった。それらは私たちが生計を立てて食べるための主な供給源でした。 今、あなたはそれを失いました – あなたは将来どのように生き残ることができますか? 」

Phat氏が話している間、彼は漁網を修理しました。 彼の家からちょうど数メートルのメコン川は、魚でいっぱいでした。 「近年、漁獲量は急激に減少している。 水力発電に発展する角度がある場合、それは人生に影響するものではない。」とPhat氏は言います。

「水力発電のダム建設プロジェクトについて聞いたことがありますが、開発の言葉がどのように結びついているのか分かりません。 彼らがもっとダムを作れば、実際にここで魚に影響を及ぼすと聞いている。」ともPhat氏は語っています。 彼は、これらの影響を直接見てきたと述べました。

「あなたはこのような観察を行います。 より多くの魚があることが意図されている時と、魚を少なくすることが意図されている時を見ます。 時間が過ぎてまだ魚が少ない場合は、ダムを閉めたことを意味し、水システムをオフにします。水位は変化しておらず、魚は出ていません。 乾季に入る前は、魚が少なく、雨季になると魚が増えます。 しかし今、毎シーズンは魚が少なくなっています。」

何年もの間、これらの影響は単に水力発電の利点を上回るとは見なされませんでした。 しかし、経済状況の変化が最終的に政府と投資家にコストが高すぎると結論づける可能性があると信じ始めている人もいます。 持続可能な開発の手段として水力発電を20年推進した後、MRCの最新の知見は遠回しな言い方をしません。

「LMBの水力開発の不可逆的な影響と経路依存性を考慮すると、現在および将来のエネルギー計画では、他の再生可能な発電技術の検討が含まれることが強く推奨されている。」と という研究結果が出ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です