地元の人道主義者はタイで人身売買と戦う

人身売買は、毎日何百万人もの人々に影響を与えている国際的な問題です。 タイは人身売買の被害が大きいことで有名です。 悲しいことに、この業界は毎年何十億ドルもタイ経済に投入しており、一部の政府関係者、政治家、警察が見て見ぬふりをする原因となっています。 カムループスのカップルは、それを変えたいと考えています。 ブライアンとカレン・シャーベンは、ワールド・ワイド・ライフ・ヒューマニタリィ・パートナーシップ・ソサエティを運営し、タイに住んでいます。 教育機会を提供することによって、彼らは貧困のサイクルを崩壊させ、未来の性的搾取から子供と十代を救うために働いています。

美しい国で、数百万人の人々に人気の観光地です。しかし、タイを結ぶ美しいビーチとターコイズブルーの海の後ろに、このパラダイスの国は「セックスツーリズム」の暗い評判を保っています。

「通りがあり、パタヤの通りを見ることができ、文字通り、1000〜1200人の売春婦がこのガーリーバーでぶらつくのが見え、そこにいるものは冗談を言うことはできません。」と世界で生きる人道的パートナーシップ協会の共同設立者であるブライアン・シャーベン氏は言います。

貧困、教育の欠如、そして経済的機会がない為、多くのタイの女の子が性的人身売買業者の潜在的犠牲者になります。カムループスの夫婦ブライ為ために努力しています。

世界で生きる人道的パートナーシップ協会の共同設立者であるカレン・シャーベン氏は、「彼らは生き残る方法が分からないほど貧困に苦しんでいる為、お金に絶望的だ。」と話します。

ブライアン・シャーベン氏は、「これは国に多くの資金をもたらし、セックス・ツーリズムをもたらし、政府には多くの汚職があることを知っている」と述べました。

過去3年間、ブライアンとカレンは、北部のタイに住み、ヒル族の子供たちを助け、若い女性に自分の価値と自己価値を認識させるよう指導しています。彼らの人道的組織を通じて、彼らは教育、職業訓練、遠隔の村への奉仕活動を提供しています。

「それは私たちの心であり、私たちの信念体系でもあり、私たちはここに住んで生まれ、ここでの生活を経験し、他の人々を祝福するはずだと本当に信じている」とカレン・シャベン氏は語ります。

学校での仕事では疎外された家族の援助、それ以外の場合は窮地に陥り、苦難と極度の貧困に結びつく結婚生活「危険にさらされている」性的に悪用される10代の世話をすることなどの訓練プログラムをシャーベン氏が行っています。

「私たちは世話をしてきた4人の女の子を抱えています。私たちは家に2人以上世話をする能力を持っていますが、まだそれらの女の子を見つけられていません。一部はフルタイムの養育です。というのも彼女たちの全てのお世話をします。また、何人かの子には教育費用の一部も支払っています。」

典型的なヒル族の家族は年間500ドル以下の収入を得ています。彼らの世話をすることができない人も多く、彼らは子供を葬り去り、売春や奴隷労働に追い込まれます。ブライアンとカレンは彼らが何をしているかについて情熱を持ち、あきらめるつもりはありません。

シャーベン氏は、「我々はそれに情熱を感じており、その為に世話をしている人がみんなに思いやりがあるので、これらの子供たちの生活をより良くする為には、これをやり続ける必要がある」と語っています。

シャーベン氏は非営利の仕事を続けるための寄付に大きく頼っています。タイに帰る前に、彼らはオンザロックスパブで4月22日に募金活動を行います。チケットはそれぞれ20ドルで、食事とサイレントオークションが含まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です