外国人のためのバンコクでの5つの簡単な仕事

バンコクは活気のある文化、刺激的な出来事があり、比較的生活費が低いすばらしい街です。タイの首都は、世界で最も訪問された都市のひとつです。しかし、2週間の休暇では不十分な場合はどうすればよいでしょうか?お気に入りの休暇の目的地を自宅や職場に変えることは可能ですか?同じ質問をしている外国人の数が増えていることが分かりました。そう、彼らの夢を現実に変えることは可能です。しかし、あなたが「パラダイス」への片道チケットを予約する前に、場所を訪れることとそこで働くことの間に違いがあることに注意してください。食べ物と天気は今でも楽しめますが、官僚主義、交通と慌ただしいペースの人生は誰にでも合うわけではありません。就労許可取得の問題もかなりの障害です。それでも、もしあなたがタイに移住することを考えていたり、外国人にどんな種類の雇用があるのかただ興味があるならば、これからお伝えするとても有名な方法を知れば、現在のあなたの退屈な人生から逃れてバンコクで働きたくなります:

1.英語/外国語教師/日本語教師
バンコクで働きたい外国人のための仕事は、教えなければなりません。機会は数多くあり、多様であり、給料もそうです。教育資格を持つ大学教育外国人の場合、報酬は母国と同等の給与パッケージにすることができます。しかし、雇用の大半は報酬では控えめです。経験の浅い教師は、毎月30,000〜40,000バーツの給与から始めることができます(これは、最も熟練したタイ人よりもはるかに高いです)。しかし、バンコクでの指導は単なる給料のチェックではありません。外国人には、タイの文化を体験し、個人レベルで交流するチャンスがあります。ビジネス英語のクラスは通常、ビジネス慣行の経験が豊富な高齢の教師が好まれますが、学校は通常、若いネイティブスピーカーをどの言語で使用するかを選択します(これはほとんどの場合英語を意味します)。教えるのは男性教師が多いようなので、あなたが女性なら、小学校や幼稚園の方が喜ばれます。

良いこと:タイの人々は本質的に非常にのんびりしており、教師はタイの生活様式に重きを置いています。社交的な人にとって、バンコクでの教育は最も楽しくて報酬の高い仕事です。教えることも信頼できる職業です。
それほど良くないこと:このタイプの仕事は活発な人格を必要とし、内気なタイプや内向的なタイプには適していません。また、キャリア進展の機会はほとんどありません。

2.ホテル業界
ホテルの業界は、外国人がバンコクに住み、就労するための方法として教育に次ぎ第2位です。 世界中のシェフ、ミュージシャン、ゲスト・リレーションシップ・スタッフがここに住み、働いています。 更にホテル経営者の多くは海外から来て、ホスピタリティ業界でのポジションを取っています。 ホテルで働くことは非常に厳しく、時間は長くなる可能性がありますが、潜在的な報酬には優れています。キャリア開発の可能性だけでなく、情熱的なことをする面白い仕事もあります。 教育のように、給料はあなたの地位、教育、経験によって大きく異なります。 ホスピタリティ部門では、複数の言語を話す能力が特に重視されています。あなたの「こんにちは。」から「スパシーバ(ロシア語でありがとうの意)」を知っていれば、就職を探し始める最初の場所になります。

良いこと:あなたが情熱を持り何かをしてキャリアを築くチャンスです。
それほど良くないこと:最上級のホテルで働くことは、地元で積んだ経験と同じくらいのプレッシャーや期待をもたらします。

[タイのサービス業界の求人]
タイのホテル業界などサービス業が掲載されている求人情報サイト
タイの求人・アルバイト情報サイト(ホテル・サービス業)

3.スキューバダイビングインストラクター
一部の人にとっては、シャツとネクタイを着ることもはやオプションではありません。あなたが新しい選択をした道でより多くの活動と冒険を探しているなら、スキューバダイビングインストラクターとしての海の下での生活はあなたの為に最適かもしれません。もちろん、最初にダイビングインストラクターとしての資格を取得し、認定される必要があります。タイにはいくつかの企業がありますが、最も有名なのはPADIです。少なくとも200,000バーツ(6,300米ドル)の費用で、完全に訓練されるまでに4ヶ月掛かりますが、ダイブマスターの資格を取得すると、ダイブインストラクターを補助して収入を得ることができます。ダイブインストラクターとしての、あなたの授業料はグループコース料金のパーセンテージになります(通常15-20%)。 6人が10,000バーツのコースを予約すると、ダイビングインストラクターは4日間のコースで最大12,000バーツを稼ぐことができます。熱帯気候のお陰で、タイはすばらしいダイビングサイトに恵まれています。バンコクにはいくつかのダイビングショップがありますが、ほとんどの雇用は海岸沿いのすべての州に散在するビーチタウンやリゾートにあります。

良いこと:太陽、海、砂浜ーそれ以外に必要ですか?
それほど良くないこと:控えめで季節によって変動がある給料

4.俳優/モデル
ここ数年、バンコクはアジアの映画制作の中心拠点となっています。アメリカ、インド、ヨーロッパの制作会社は、低コストと現代的な設備を組み合わせることで、バンコクを映画撮影に理想的な場所と見なしています。これらの機会をタイで急成長する映画業界と結びつければ、有能な俳優や女優の為の展望が見えてきます。賃金の範囲は、グループの場面では1日2,000バーツ、主人公の役割を果たす為には100,000バーツまでです。明らかに、パーツが良くなればなるほど、競争は激しくなります。あなたが俳優やモデルとして働くことに興味があるなら、あなた自身と恐らくショーリールや高品質の写真が必要になります。生産会社は通常、短期契約であなたを雇用することになります。つまり、通常は就労許可無しでほとんどの時間を過ごします。夢を実現する為に、この不安定なライフスタイルを譲歩として受け入れる人もいます。信頼できる資金が不足し、不確実なビザの手配が不安定になっていることが分かります。

良いこと:あなたのショービジネスの友達と全ての人気クラブにアクセスできます。
それほど良くないこと:このビジネスは大成功か大失敗かのどちらかです。大きな仕事に就いた場合、数週間はシャンパンを飲み、人生を愛するでしょう。 しかし不毛の呪文の中で、あなたは家賃を支払うためにペニーを数えているかもしれません。 また、セットでの経験は非常に面倒なことがあります。

5.あなた自身で始める
それはITサービス会社か専門のバーやレストランであろうとも、バンコクであなた自身のビジネスを立ち上げる機会はたくさんあります。タイであなた自身のビジネスを始めることは、多くの外国人の為の真の異国情緒溢れるおとぎ話ですが、あなたの経験が悪夢に変わるのを防ぐために、官僚的な赤いテープと時代遅れの法律があります。最初に理解するべきことは、バンコクでビジネスを始めるには非常に良い法的代理人が必要になります。タイの法律では、外国人が最も安心できる情報ではなく、ビジネスの最大49%しか所有できないと定めています。事実上、これは克服できない問題ではありませんが、あなたが苦労して得た現金から欺かれないように、法的文書を準備する必要があります。ビザの状況も、ほとんどの人にとってかなり複雑です。これはほとんど計画を立てずに成功を収めるチャンスをなくしたり、ほとんどの人が半減期の夢で人生の節約を犠牲にならないようにしてくれるでしょう。しかし、素晴らしいアイデアがあり、明確な事業計画とそれを開始するのに十分な資金を持っている人にとっては、バンコクでのセッティングは世界中どこでよりも良いです。

良いこと:計り知れない利益への将来性があります。
それほど良くないこと:無駄な損失の可能性があります。