バンコクでの外国人としての生活 – 女性の話

彼女は33歳、移住前は10年間弁護士としてイギリスで成功した経験もありますが、18ヶ月間バンコクで生活することは彼女が思っていた以上に挑戦でした。

最初は限られた英語しか話せないタイの女の子8人との仕事はとても大変で、会社で1ヵ月ほど働いたある日の昼食休憩の時に、友人に自分がどれだけ孤独でそこでの生活が合わないことを打ち明けました。

彼女はそれがいつ起こったかあまり覚えていませんが、ある日その壁が壊れ、今では8人の素敵で、可愛く、おかしな女の子の友達ができました。

彼女は食べ物を試す以外に選択肢がありませんでしたが、そうしなければ避けたでしょう。確かに、鶏の足が勝者になることはどんな天才でも気付きませんでしたが、彼女はなぜソムタム、ラーブムーまたはカオマンガイを33歳まで試さなかったのか分からりません。

多くの場合、彼女は自分の居心地の良い範囲から離れているように感じますが、それは通常、自分への挑戦を決めた結果です。

彼女は最初にバンコクに移った時は時間を持て余していたので、持ってきたキンドルでタイについての本を読んで過ごしていました。ほとんどの本は、バーガール、または有名なバンコクヒルトンで缶詰になっている外国人によって書かれています。

彼女は、犯罪が一方的に犯されていると、恐ろしい状況で縛られているように感じ、ますます興味をそそられました。そこで、彼女はクロンプレムのイギリスの囚人を訪ねることに決めました。刑務所の外に座っている時、彼女の心臓はすごく熱くなり、有刺鉄線で広く見渡し、囚人や機械銃を持った警備員を運ぶバスを見て、彼女の人生であんなにも恐怖を覚えたことはありません。

セキュリティ上の理由から、彼女が訪ねた人を実際に見ることはできませんでしたが、ブログ記事書き、それがかなりの関心を集めています。彼女は現在、友人が収容されているという少女とメールでやり取りをしています。彼女は、自分がタイの囚人を訪問する方法について誰かに助言することになるとは思ってもみませんでした。

彼女は自信を欠いているかもしれませんが、誰も知らない都市に移動することによって、恥ずかしがり屋でいることは選択肢ではありませんでした。それに加えて、ここでは誰も彼女のことを知りません。彼女はイギリスにいた時と同じ人である必要はなかったのです。

主にソーシャルネットワーキングを通じ自分自身をそこに置くことによって、彼女は人と出会い、決して経験したことのない人生を送ることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA