タイの内閣は、クリプトクロスを規制し課税する

国の行政府であるタイ内閣は、クリプトクロースの規制を目的とした勅令2件を暫定的に可決したと報告しています。

暗号化仮想通貨と初期のコイン提供取引の両方をカバーする草案と、暗号キャピタルゲインの可能な税金は、火曜日に政府の閣僚から初めて合意されました。

法律が成立する前に、立法問題についてタイの首相に報告する諮問機関である国務院が、最終承認の為内閣に再提出される前に、その法律を更に検討しなければならないとコメントしました。 バンコクポストによると、それは来週早々に起こる可能性があるとのことです。

また、「財務省、タイ銀行、証券取引委員会、マネーロンダリング防止局など法令の原則承認を得れば、同国の各種監督当局からの追加的な意見も考慮される。」とも同報告書は指摘しています。

勅令は、公安に関係する緊急事態に関する規則を定めたタイの立法の一形態です。

タイの副首相、Wissanu Krea-ngam氏は、マネー・ローンダリング、犯罪、税金回避の為にクリプトカルトの不正使用が増加する中、最新の訴訟が起こったと言及しました。

しかし、副総裁は「取引や初期コイン提供などの暗号化活動を禁止するのではなく、投資家を保護する為の正式なルールを確立することを意図している」と強調しました。

更に、第2勅令は暗号侵害投資によるキャピタルゲインに課税することを目指しているとのことです。 郵政省によると、税率は未定だが10%から15%の範囲にあるとみられるようです。

これまで業界の専門家は、パブリックコンサルティングを通じて、タイの証券取引委員会(SEC)によって暗号違反ルールが実装されるよう求めてきました。

その為、Wissanu氏は「財務省とSECは、暗号通信の交換、ブローカー、ディーラーが関連当局に登録することを要求する追加の有機法にも取り組んでいる」と報告しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です