タイの経済特区が提供できない

タイの軍事政権は2015年以降、国の投資政策を厳格に改革する過程にあります。 その主要な改革の1つは、国境に沿って特別経済区(SEZ)を確立することでした。 しかし、政府の約束にもかかわらず、これらのゾーンは最終的に国や経済を軌道に乗せることができませんでした。

SEZの主な目的は、外国直接投資を誘致することです。 その考え方は、外貨の流入が国の経済を高め、繁栄を地方に広げ、不平等を軽減し、田舎の人々の生活の質を向上させるという考えです。

「低熟練で安価な労働力を近隣諸国から集めようとする試みの結果、地方の人々が経済地帯で仕事を見つけるのは疑問である。」

タイの既存のSEZは、ミャンマー、ラオス、カンボジア、マレーシアなど周辺国との境界線を10カ所カバーしています。 国境地域にゾーンを配置する理由は少なくとも2つあります。 まず、近隣諸国からの継続的な投資を行ってタイの中小企業を支援することを目指すということです。 第2に、経済特区は国境地域を組織する役割を果たし、不法労働や近隣諸国からの農産物の密輸などの問題の解決にも役立ちます。

このゾーンに投資する国内および多国籍企業は、税制優遇措置やワンストップサービスの投資促進など、タイ投資委員会(BOI)の寛大な政府支援を受けます。例えば、適格企業は、8年間の法人所得税の免除、更に5年間延長する可能性、交通、電気、水道費の二重控除です。また輸出用製品の製造に関わる機械・原材料の輸入関税の免除などが含まれます。

SEZは、農業、漁業、繊維、家具、宝飾品、宝飾品、エレクトロニクス、自動車および部品、物流、工業団地、観光、陶器産業、プラスチック、医薬品、医療機器など13の特定分野を対象としています。これらのセクターは、各SEZにおいて異なって推進されています。 2015年から2019年までの経済特区の総予算計画は約10億ドルであり、そのうちインフラが大きなシェアを占めています。

しかし、これら全てのインセンティブにもかかわらず、SEZはタイへの新しい投資の推進に成功する見込みはないとのことです。

短期的な理由は、タイと外国の投資家の両方が、依然としてクラスタープロモーションのような他のスキームのもとで投資を選択しているからです。 2015年の改革の開始以来、SEZ投資恩恵の申請件数は全スキームでの総申請件数に比べて非常に少なく、全投資証明書の1%未満です。

全ての経済特区が直面している1つの問題は、土地所有者とビジネスマンの推測により、2015年以降の地価の劇的な上昇です。この問題は容易に予測されるはずですが、明確な解決策はありません。

投資家が地価に不平を言うと、政府はSEZ地域を拡大することによって問題を解決しようとします。政府は、公務員が劣化した森林地帯と見なすものを配分しようとするかもしれませんが、そこに住む村人たちは同意しておらず、その地域は繁栄した湿地であると主張しています。これはいくつかのSEZ地域の村人からの反対に繋がりました。

さらに、10の経済特区のインフラの状態は、同程度ではありません。以前は、各地域の開発水準は国境を越えた貿易量に依存していました。これは、一部のSEZでは、基本インフラストラクチャーと税関ユーティリティの改善が必要であることを示しています。このため、一部のSEZ、例えばムーダダン(ラオス国境)とサエイカオ(カンボジアとの国境)は非常に静かで、投資家の関心がほとんどありませんでした。

BOIが支援する他の投資スキームと比較して、SEZにおける投資インセンティブはそれほど相違していません。バンコクから遠く離れた遠隔地に新工場を建設する場合、投資家は大きな利益マージンを見出せないかもしれません。

経済特区も環境問題に直面しています。この政策は、環境に配慮した生産を促進することを目的としていますが、税制優遇措置は、輸送、電気、水道の二重控除を10年間可能にします。このような政策は、企業が環境問題に留意したり、電力や水の使用を節約したりするインセンティブをほとんど与えません。

また、この政策は労働集約型産業を奨励しています。これは、資本集約的でハイテクな産業を奨励する他の投資政策や国家開発計画とは大きく異なっています。更に、低熟練で安価な労働力を近隣諸国から集めようとする試みの結果、地方の人々が経済地帯で仕事を見つけるのは疑問です。

最後に、タイは2018年末または2019年の早い時期に総選挙を予定しています。新政権下では、SEZsが引き続き奨励されるという保証はありません。これは、これらのゾーンでプロジェクトを検討している可能性のある投資家に不確実性をもたらすだけなのです。これに加えて、政府の関心は今や「東部経済回廊」という別のメガプロジェクトに変わりつつあります。

SEZの政策は、タイを「高所得国」にする為の新たな成長エンジンと強力な基盤として推進されました。また、寛大な投資インセンティブとインフラストラクチャの改善は、世界中の投資家を引き付ける重要な戦略として使用されてきました。しかし競合する投資スキーム、タイの経済の中心からの距離、そして不明な政治的将来の為だけに、このメガプロジェクトは期待に応えることはできませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です